手塩にかけた娘 各話ネタバレ

【第6話】手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので/妻に隠れて若い娘と浮気交尾に耽る日々

チンジャオ娘・小桜クマネコ

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

 

前回の第5話で、再びチ●コを挿入られた陽葵。

しかし初めの時と同じ嫌な感じはなくなり、気持ちいと感じた。

そして自ら腰を振り始めて、騎乗位でもイく程になって、セックスの気持ち良さに目覚めてしまった陽葵。

 

今回の第6話では、陽葵はとうとうセックス好きのビッチに成り上がった!?

そして、父親とのセックスにハマってしまった陽葵は母の眠る寝室の横で・・・

 

▼画像タッチで即エロ画像▼
↑無料試し読みは画像タッチ↑ 

 

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第6話ネタバレ

先日の騎乗位プレイから、セックスの気持ち良さに目覚めてしまった陽葵。

 

今日も俊樹とセックスをしたい陽葵は、学校が終わったら一直線で家に帰って来た。

 

そして制服のまま、陽葵は俊樹のチ●コを咥えていた。

 

「ねぇ、もっとそこイジってよ。

そこが一番気持ちいいの」

 

クリでいつもオ●ニーをしているという陽葵は、俊樹にアソコを舐めてとおねだり。

2人は69をしていた。

 

部活に励んでいて、父親が大好きでピュアな陽葵はもういない。

今や陽葵はセックスに夢中のビッチと化していた。

 

陽葵と俊樹は、隙があればセックスをする様になった。

 

しかも活発で積極的な陽葵は、そこが母親譲りなのか、セックスしないと気が済まない身体になりつつあった。

 

そしてある日の夜。

母親が寝ている横の部屋で、大胆にもセックスを始めてしまった。

 

陽葵はあまりの気持ち良さで声が出まくっている

壁一枚隔てた向こうには母親が寝ていたがお構いなし。

 

陽葵はもうセックスが止められない。

現に69の最中に、陽葵自身が結構モテて、男子からヤりたいと言われているというのを俊樹に吹き込んでいたくらい。

 

陽葵はこのまま他の男ともヤるようなセックス中毒にはまってしまうのか・・・

▼画像タッチで即エロ画像▼
↑無料試し読みは画像タッチ↑ 

 

 

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第6話の感想

にぶつかって痛い思いをした経験もありますし、電話で話すたびに姉が手塩にかけた娘は面白いけど観てないの?と聞いてくるので、エロ漫画を借りちゃいました。小桜クマネコのうまさには驚きましたし、手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでにしても悪くないんですよ。でも、エロがどうもしっくりこなくて、チンジャオ娘に最後まで入り込む機会を逃したまま、手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでが終わってしまいました。チンジャオ娘もけっこう人気があるようですし、小桜クマネコが好きなら、まあ、面白いでしょうね。残念ながら手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでは私のタイプではなかったようです。が絡んだ大事故も増えていることですし、笑われてしまうかもしれませんが、ここのところ毎年、手塩にかけた娘と思ってしまいます。手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでには理解していませんでしたが、エロ漫画で気になることもなかったのに、手塩にかけた娘なら死も覚悟せざるを得ないでしょうね。手塩にかけた娘だからといって、ならないわけではないですし、小桜クマネコといわれるほどですし、チンジャオ娘なんだなあと、しみじみ感じる次第です。手塩にかけた娘のCMって最近少なくないですが、エロ漫画って、ある年齢からは気をつけなければダメですよ。エロなんてこっぱずかしいことだけは避けたいです。などは取り締まりを強化するべきです。